3Dプリンターを始めるために必要なもの

2021年2月8日

3Dプリンターてどうやって使うんだろう? むずかしいのかな?

3Dプリンターに興味はあるけど使いこなせるのか不安なんだなぁという方に向けて今回は3Dプリンターを始めるためにそろえるものを紹介していきたいと思います。

まず3Dプリンターを始めるためには何が必要なのでしょうか。一通りあげてみたいと思います。

  1. 3Dプリンター本体
  2. 設計をするためのパソコン+設計ソフト
  3. フィラメント

とりあえずこの3つがあれば印刷できます。

一つずつ説明していきます。

1, 3Dプリンター本体

これは当たり前ですね笑。家庭用であれば1万円台から買うことが出来ます。おススメは僕が購入したEnder3やMEGA-Sです。Ender3は25000円、MEGA-Sは35000円程度で購入することが出来ます。この2機種は人気機種でネット上にいろんな情報があるので分からないことが起こったときに解決しやすいというメリットがあります。ちょっとカスタムして3Dプリンターをパワーアップしたいなぁというときも参考に出来る情報が多いと思います。最初は手ごろな値段のものからスタートするのもありだと思います。

[Ender3]

2, 設計するためのパソコン+設計ソフト

3Dプリンターは設計ソフトで作りたいもののデータを作ってそのデータを3Dプリンターに読み込ませることで印刷をします。

パソコンは多くの人が持っていると思うので特段の説明は割愛します。

設計ソフトは自分の作りたいものを設計するCADソフト(Fusion 360, solidworksなど)とCADソフトで作ったデータを3Dプリンター用に変換するスライサー(Cura、slic3rなど)の二つがあります。

僕はCADソフトはFusion360、スライサーにはslic3rを使っています。どちらも有名なソフトで非商用用途であれば無料で使うことが出来ます。

CADソフトを始めて使う人はFusion360でオッケーです。

無料ではありますが機能も多くてとても使いやすいです。

スライサーはCuraというソフトが有名で無料で使えます。

とりあえずお持ちのパソコンにFUsion360とCuraをインストールしてください。

インストールの仕方はネットでさがしてください笑。割愛します

3, フィラメント

最後はフィラメントになります。フィラメントは実際に印刷したいものを形作る樹脂材料になります。フィラメントには色々種類があり、それぞれで印刷のしやすさや出来上がったものの強度などが変わってきます。

色々な種類がありますが良く使われるのはABSとPLAのフィラメントです。ABSフィラメントは強度があり成形後の加工がしやすいなどのメリットがあります。逆に印刷が失敗しやすいというデメリットもあります。PLAはABSにくらべ印刷がしやすくある程度の強度もありますので初心者の方はPLAから始めるのがおススメです。

[フィラメント]

フィラメントは3Dプリンターに付属していない場合があるので別途で買う必要があります。

3DプリンターもフィラメントもAmazonでかえるのでレビューなどを参考に自分にあうものを探してみてください。

 

次回は実際に3Dプリンターを使っていきたいと思います!!